貧乏でも家族が笑っていられる

主人は10年前から肺に持病を抱えています。入退院を繰り返しながら体調が戻ればまた働いていました。

しかしちょうど1年前症状が悪化し、40年近く働いていた会社を退職せざるおえなくなりました。この4~5年は休みが多いからと言う理由から減俸になり、そんな事から主人も月に1度の検査も休めないと言う理由で病院とも遠ざかっていました。

退職しても退職金は無く、積み立て金の300万が来ただけでした。

しかし入院費や生活費、それに追い打ちをかけるように国民健康保険料や県民税や国民年金の支払いが月12万程あり、瞬く間に底をついてしまいました。

 

私も主人が働いていた同じ会社で25年間正社員として働いてはいますが、毎月のお給料は13万円ほど。携帯代やローンの返済を済ますと手元には2万円しか残りません。

主人が昨年11月から期間限定の夜間のアルバイトを始めましたが、その期限が3月末で終わります。アルバイト代は30万円ほどありますが、過去に入院費や父、義母の葬儀費用の為銀行から借りて居たお金を返済して残るのは5万円。

幸い2人の子供は成人し働いているので子供達にはお金はかかりません。が、主人は4月からの仕事を探さないとと必死ですが思ってる収入はなかなか無く、後の生活は不安極まり無い状態です。

私も何か土日のアルバイトか内職が無いか探していますが、なかなかありません。なんとかして収入を確保しないと…

 

今は仕事帰りにスーパーで割引シールが付いた食材を探して買っています。割引シールも2割3割引きは買わず狙いは半額シールのみ。消費期限が今日までのお魚やお肉。それでも、美味しいと食べてくれる主人、娘、息子。

とくに息子は釣りをしますので休みの日は「夕飯のおかず獲りに行って来る」と出かけます。なかなか大物には縁がありませんが イカや小アジ キスなどを釣ってきます。以前 5cmほどの小アジと、同じぐらいのサイズのキスを1匹づつ釣って帰って来ました。それをフライにし、4人で分け合いました。

息子は私たちの状況を見かねてか、自分の大切にしていたバイクを売りそのお金を私たちにくれました。本当に頭が上がりません。

※参考サイト・・・http://xn--eckwa1h234n4surq3cpxu.com/

 

唯一の救いは、こんなに貧乏をしててもいつも家族笑っていられることです。

この笑顔を守る為に今を、これからを必死にがんばろと思っています。

Leave a Reply